• English
  • 中文

奈良・大和高田の花魁体験スタジオ「やまと桜」
現代風や古典風のヘアスタイルで様々な花魁姿に変身して頂けます。
コスプレや成人式の前撮り、お友達やカップルでの関西旅行にも最適!

花魁用語

花魁豆知識

2016.12.09

~花魁について、知識を深めちゃいましょう☆~

本日は「花魁用語」についてご説明したいと思います(∩^ω^∩)!
昨日の記事に出ていた「禿」や「新造」はこちらを参考にご覧下さいませ。
これも当店ホームページからの抜粋になります。
 

◎禿(かむろ)

花魁の身の回りの雑用をする10~14歳前後の少女。
彼女達の教育は姉貴分に当たる遊女が行った。
 

◎新造(しんぞう)

15~16歳の花魁候補。
禿はこの年頃になると姉貴分の遊女の働きかけで振袖新造になる。
 

◎ありんす言葉

地方出身者が多かったので、「なまり」を消すための人造語。見世(みせ)によって、この言葉は違っていた。
 

◎花魁道中

禿や新造などの大勢のとりまきを引き連れて、三枚歯の塗り下駄を履いた花魁が、吉原の大通りを、ゆったり歩き、普通に歩けば10分程度の道のりを、小一時間もかけて来る。
吉原の歩き方は「外八文字」(そとはちもんじ)。
つま先を内側に向け、次に外側へ蹴り出すように八の字型に歩く。
京都・島原の遊郭では「内八文字」(うちはちもんじ)。
 
※当記事の内容は諸説ございますので、見解の相違につきましては予めご了承下さいませ。
 
seekers00048
 

関連記事

このページの先頭へ